2013年10月22日

FC展開の国際化

日本におけるフランチャイズビジネスは先進国である米国からやってきた。
フランチャイズ加盟店として、米国本社とフランチャイズ契約をしたのだ。
コンビニエンスストアのセブンイレブン・ローソン・サークルKや、ファーストフーズのケンタッキーフライドチキン・マクドナルド・ミスタードーナッツ等々、日本での展開は、商社や大手小売業が加盟店となり、エリア本部となりおこなってきた。
多くの成功事例があり、小売業や飲食業の大手企業に成長している。
そして、現在では日本のフランチャイズ企業がアジア各国でフランチャイズ本部として加盟店を作り展開している。

次に起こることは、当然アジア各国からフランチャイズ本部企業が国際的に加盟店を作り展開することだ。
実際今年、韓国の外食フランチャイズ企業に日本企業が加盟して、店をオープンする。
米国、日本、アジア諸国、相互にフランチャイズ展開が始まるのだ。
posted by 塩見 at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。