2014年02月20日

船井先生の思い出

先週2月14日、船井総合研究所の創業者、船井幸雄先生の葬儀に参列しました。
30年以上前、ジャスコ(現イオン)の社員であった頃、店舗の指導にこられたのが、若き日の船井先生。
当時、日本マーケティングセンターの社長でした。当時は、晩年の船井先生のイメージと違って、より実践的な総合展対策より戦闘的な競争戦略の指導をうけました。
その後、船井先生は月間フランチャイズ誌で多くのFC本部経営者との対談をされ、まだ未完成な企業であっても、否定せず、ひたすらお応援団長的なスタンスで励ましておられたのに刺激をうけ、私も同誌を通じてFCのコンサルティングを多く行いました。
私が経営コンサルタントとして30年以上やってきたのは、船井先生の存在を常に意識してきたからのような気がします。
未完成な業界であったFCビジネスの業界。未完熟な企業が多く、社会的に認知されないFC本部の企業。船井先生は決して否定されず応援していました。船井先生の経営コンサルタントとしてのスタンスは、今こそ必要なのですが、どうもビジネスの世界は逆行しているように思います。精神世界のカリスマとしての船井先生より、経営者の応援団長としての船井先生を私は尊敬しています。
posted by 塩見 at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。