2013年11月27日

経済の主流と商品の重さの単位

t(トン)→kg(キログラム)→g(グラム)→mg(ミリグラム)→0

かつて経済界の中心となっていた大企業(売上や株価総額が大きい会社)はt(トン)の単位の商品を扱っていた。
鉄銅、石炭、石油、造船、繊維等々。

そしてその後、自動車や電気製品などkg(キログラム)単位の商品が巨大化し、その後g(グラム)単位のオーディオ、パソコン、食品などの企業が大企業となった。そして、mg(ミリグラム)の半導体や薬品等の会社が大きく成長し、今や重さのないサービス業やソフトの産業から巨大企業が生まれている。

今後とも経済界の主流となる企業はこれら重さのない物を商品としている企業であろう。
マイクロソフト、ドコモ、ソフトバンク、フェイスブック、そしてライン等々。

重さのないソフトが商品ブランド、ノウハウ、デザイン、サービス、情報、これらを販売する一つの手法としてフランチャイズビジネスがある。

このノウハウはこれから経済界の主流となる企業に必ず役立つものだ。
posted by 塩見 at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

FC本部作りの相談

最近FC本部を作りたいという企業の相談をよく受ける。
FC展開を金集めのうち手の小槌のように考えている経営者が多いのだ。
FCパッケージとなるソフトは何をお持ちですか?と質問すると、何も出てこない事が多く、FC展開の為の必要な7つの要素について説明するのだが、基本的な事が分からずFC展開を希望されるので、「やめなさい!」と注意することが多い日々だ。
形のないソフトを売ることは非常に魅力的であることは分かるが、それだけの価値のあるソフトを構築しなければならない。

今、多くのアジア企業から日本でのFC展開の相談をうけているが、日本国内の企業よりも完成したFCパッケージを持った企業も多くある。

今後、東南アジア諸国から多くの優れたFC本部が日本進出する予感がする。
posted by 塩見 at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

FCビジネスの多様化

フランチャイズビジネスは商品の販売権の付与から始まったものであるが、大きく成長したのは飲食店や小売店のビジネスモデルをパッケージ化したビジネスフォーマット型のものだ。
現在誰もがフランチャイズビジネスというとファーストフードの店やコンビニエンスストアの店を思い浮かべる。
今から20年前、日本のフランチャイズ業界では本部の約半分が外食チェーン、4割が小売チェーン、1割がサービス業のチェーンであった。
しかしその後その比率はサービス業が伸びてきて、今では3割の1づつになっている。
サービス業は、ものの介在がないためFC化するのがむづかしいと思われていたが、現在ではサービス業のFCパッケージ化のノウハウも確立してきて、多くのサービス業がFC展開をはじめている。
教育関連では古くは学習塾、英会話教室、家庭教師派遣、その他幼児教室や音楽教室等々。
また美容関連ではエステサロン、美容室、理容室、フィットネスクラブ等々。
そして最近は、老人介護関連のFCチェーンが増えている。
このように様々な業種、業態がFC化されてきているのだ。
posted by 塩見 at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。